スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汎用オペアンプと音響用オペアンプ

汎用性を重視して2回路入りオペアンプを使ったわけですが、とりあえずソケットにしてあるので
ICを交換して色々と遊べるようになってます。
回路自体はNJM-2114DDに最適化しちゃったのでICを換えても悪い方にしか(ぉ
でも一応色々交換して試してみましょう。 高速アンプ以外では発振しないようにしてあるので…

1_20090915032435.jpg

左のLF412、uPC812CはFET入力の汎用ICです。
出てくる音自体は大きな差が無いですがやはりノイズレベルが大きくて使えません。
LM358は最もメジャーな単電源用オペアンプです。
結果は同じでした(笑

真ん中 4580DD、5532DDは2114DDに比べて若干ノイズ量が大きい感じですが
大きな差は無いので好みに合わせてどうぞ。
LME49720はこれらの中で最も高価で高性能なICです。
が、入力インピーダンスが大きいのでバイアス電流の影響を受けノイズが大きめに。
今回は用意していないですが4580DDと同クラスではないでしょうか?
この辺は入力回路によって変わるのでそのままに。

最後に右端、2068DDはバランスもいいですが2114DDがあるんで敢えてこれを使う理由はありません。
裸のゲインは2068DDの方が上ですがこの用途ではほとんど差が出ません。

6オームのブックシェルフ型スピーカーを余裕で鳴らす出力段は安心して大きな音で聴く事が出来ます。


計測器メーカーが作る音響機器…
「入力された信号をどれだけ忠実に出力するか」
をコンセプトに製作進行中デス。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

記事修正

これって記事の修正とか出来ないんですかね?

>今回は用意していないですが4580DDと同クラスではないでしょうか?

4580DD ではなく、4558の間違いです。
プロフィール

こだま809号

Author:こだま809号
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。