スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-0.3dB

ヘッドホンアンプ試作版の周波数特性です。
1_20100310194316.jpg

2_20100310194324.jpg
10オーム抵抗負荷での測定ですが、無負荷でも変わりませんでした。
増幅段でのカットオフ周波数は約340kHzですが、フロントエンドとの調整で2倍程度周波数特性が伸びてます。
300kHzまでの緩やかな低下は出力の位相補償のためで、方形波でもピーク等は無く素直な波形です。
20kHz(-0.02dB)、100kHz(-0.3dB)は達成出来ているので、基板を起こした時の特性が楽しみだったり。

歪みは少々大きめで、1kHzで0.0004%、10kHzで0.0007%、20kHzで0.0025%です。(10オーム、2.4Vrms出力時)
ちなみに出力抵抗は0.02オーム以下、ドライブ能力は現状で0.6Aなので正式には1Aまでokです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

こだま809号

Author:こだま809号
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。