スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンプのフロントパネルを付けてみた

モックに近いカタチでフロントパネルを無理やりくっつけました(ぉ
Img_4587.jpg
最終的にはもっとゴツくなります。
これは試作なのでタカチのUSですが、それはもう無駄に金属を使いまくりのフルスクラッチになります(ぉ
それにしても相変わらずアルマイトが酷い… なので製品は白アルマイトにする予定です。
ノイトリックのコネクタは良い物です。

回路が煮詰まったら誰か試聴して下さい(ぉ
スポンサーサイト

WM PORTその2

0dBのデータを入れてレベルを見てみました。
ヘッドホンアウトの最大レベルが1.35Vp-p、
ラインアウトが1.56Vp-pで、2Vrmsにはほど遠いレベルでした。
波形もほぼ同じで出力インピーダンスが違うだけなのかもですね。
感心したのは8Hzもキチンと出力されていた事でしょうか。

WM PORT

ウォークマンのWM PORTからライン出力を使うべく色々調べていたら簡単なデータシートが出てきました。
それを元に使わなくなった録音ケーブル(WMC-NWR1)を改造です。 ケーブル自体は1200円程度なのでお手軽ですね。
Dsc00943.jpg

本体は超音波融着(?)で接着されているので一度バラしたら元に戻りません。
精密ドライバーやニッパー等でコネクタピン側から剥がしていくといいでしょう。
Dsc00945.jpg
Dsc00947.jpg
改造前の状態です。
レベル切り替えのスイッチと抵抗、コンデンサが付いてますがこれらは使わないので全て取り去ります。
今回はスイッチのみ残してありますが…

Dsc00955.jpg
リッツ線のランドからラッピング線で14番と17番につなぎ、GNDはそのままです。

Dsc00954.jpg
モード切り替え抵抗はラインアウトレベル固定の4.7kΩに設定。
さすがにこのサイズの抵抗は無いので1/8Wの抵抗にしました。

電源入力は20番のみにしましたがこの状態でも充電されるようです。(NW-S739Fにて確認)
Dsc00960.jpg
USBタイプのACアダプタは種類によって充電出来ない物が存在するので、この端子は心強いです。

Dsc00966.jpg
接着剤で元に戻して完成。

本当にライン出力かはちょっとわからないですが、ボリュームは変えられないです。
オーディオテストCDのデータを入れてレベルとひずみを見ればわかりますかね?
2Vrms出せているとは思えないですが(ぉ

ちなみに21番ピンはデジタルアウトらしいですが、ビデオI/Oと同様N.C.かもです。

ATH-AD500とHP-RX900のイヤーパッド入れ替え(HP-W1000)

ATH-A900にHP-W1000が付くとの事なので買ってみました。
AシリーズはA900まで安っぽいソフトレザーなのでビクターのHP-RX900の様な装着感が得られません。
Dsc00941.jpg

Dsc00938.jpg
取り付け部の大きさが2周りほど小さくて基本的に付きませんでした。
片方は若干大きいみたいで(製造時の誤差?)なんとか付きましたが、もう片方はちょっと無理があります。
なので外れやすい所を接着します。
A900もA500も同じイヤーパッドなんですが、A900は本体が若干小さいとか…?

Dsc00940.jpg
形状はADシリーズに似た感じでパッドの断面が三角です。
RX900のパッドはA500に付けたのでRX900が使えない状態だったんですがこれで全てのヘッドホンが使える様になりました。
ちなみにA500のイヤーパッドをRX900に付けると耳の下の部分がスカスカになってしまいます。
このパッドの装着感はなかなか良いですね。
クラリーノの感触はプロテインレザーよりベタつき感が少ないです。

Dsc00942.jpg
こちらはHP-RX900のイヤーパッドをATH-A500に付けた物です。
プロフィール

こだま809号

Author:こだま809号
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。